認めたくない心の病気

自律神経失調症についてよくわかるサイトをお探しならこちら!:自律神経失調症の改善 大百科
そんなわけあるかー!健康に決まってるだろう!と思っていても、知らず知らずのうちに蝕まれていることだってあるんです。心療内科が東京にありますから、気づかないうちに、という事のないようにしたいものですね。

心療内科なんかに行きたくない。最初はそう思っていました。自分が病気だということも、信じていませんでした。

自律神経失調症か、うつ病か。疑えたのはその二つです。突然、眠れなくなったり、倦怠感に襲われたり、目眩を感じるようになったり。症状は様々で、共通していることは一つ、何の前触れもなく、理由もわからず、そして傍目からは直接的な変化なく起こること。

家族は、それはきっと心から来る病気だから心療内科に行きなさい、と何度も薦めてくれました。でも私は、心が病気になることなんてあるはずがない、と思って、薦めに従いませんでした。

自律神経失調症も、うつ病も、誰にでも起こりえるものだということが、当時の私にはわかっていませんでした。そして、自律神経失調症も、うつ病も、なってしまうこと自体が、とても恥ずかしいものだという思いがあったのです。これは今になって思えば、とても酷い考えで、実際に苦しんでおられる方にはとてもお聞かせできないよう、偏見に満ちた思いでした。当時の私は、自律神経失調症はただストレスに耐え切れない弱い人がなる病気で、うつ病は甘えているだけだ、と思っていたのです。

日に日に酷くなっていく私の症状を見かねて、両親は私を引きずるようにして心療内科に連れて行きました。どうしても行きたくなかった私は、泣きながら心療内科の先生に会いました。私は病気なんかじゃありません、ちょっと気分が悪かったり、体調が悪い日が続くだけです。そう言って、診断を拒もうとしました。

そのとき、心療内科の先生が、私の自律神経失調症やうつ病に対する誤解を解いてくれなければ、いつまでも偏見を持ち続け、いつかは取り返しのつかないことになっていたかも知れません。

評判のいい練馬の心療内科は悩みを抱えている人たちにとってオアシスのような場所なんです。ここなら心から癒やされますよ。